夕日見便り 〜求道の庭〜

Life is Amazing!物心ついた頃から始まり今も続く探求、その日々の思いと考察です。

10 すべては絶え間なく流動して

f:id:mickeymichiko:20130523152448j:plain

最近ある生物学者の興味深い本を読んだ。

ずっとに以前に、身体の細胞は少しづつ入れ替わっているから、何年か前の身体と今はすっかり違うものなのだと聞いたことがあった。私は、きっとゆっくり古くなってくたびれた細胞が新しく作り出されて更新されるのだろう位にノンビリとした理解をしていた。

 

しかし、事実は全く違うらしい。身体は一時も止まってはいないと言う。

 

タンパク質は数種のアミノ酸で構成されていて、そのアミノ酸を構成する分子レベルでは食物由来の分解された分子により、驚く早さで分子の入れ替わりが行われているそうだ。

それはタンパク質のみならず、骨、歯、ナント体脂肪も脳細胞だって、常に高速で入れ替わっているらしい。

 

その入れ替わり様は、速いので、入れ替わっては留まると言うよりは、全体が一つの流れの様でであって、見かけ上は固体に映るけれど、実は流動していて、固定したものなど何もないと言う。

 

テレビの画像が見えるのは、沢山の走査線が1秒間に30回だかが走っていて、そこには固定した絵など何も無いのだが、私達の目には普通に 絵又は動画と見えている。それと殆んど同じ事が、実際の状態でも起きていると言う事になる!

 

この世がイリュージョンと、ある意味では分かっていても、実感を持つことは難しい。

しかし、その仕組みが科学的に説明されると、暗闇の灯りのようにとてもホッとする!このような研究を地道に続けてくれる研究者は凄いなあといつも思ってしまう!

 

私がいつもここに書いていることは、読む人がいればだが(笑)、私の妄想的戯言に思えるでしょう。この世は実在していなくて、ただの幻、しかも個人的な意識、信念体系が創り出しているだけなのだと言っているのですから。

 

さて、人間の科学は、素粒子は点であって波、意識に左右されるとわかり始めている。(やっぱりスゴイ)

 

意識が素粒子を動かし、原子を作り、分子を構成し、アミノ酸を構成して、タンパク質になるのだから、意識が、信念が、身体を創っていて、しかも実は、常に流動していると言うのは、とても道理に合っているではないか!

 

その様な幻影を、実現として認識してしまう様な仕組みもちゃんと装着されていて、まるで、立体画像を観る為に3D眼鏡を装着する様に、しかも、装着している事を忘れてしまっているとしたらどうだろう?

幻影は現実世界としか映らないのではないだろうか!

 

私は、オカルトやムードでスピリチュアルとかの話をするのは苦手です。私の興味は究極の真実、自己の実態、この世の、宇宙の理由であり、其処から先に進みたいのです。

しかし、まだ此処でウロウロしています。理由は良く分かっています。

私は、未だに、とても人間的なる信念体系を持っていて、其れに基づいての思考が多いのです。

 

インドにこんな可笑しい話があります。

一人の偉い神様が地球に遊びに来て、ほんの遊び心で雌豚になって見ました。雌豚になった神様は、豚として毎日忙しく生活し、昼は食べて遊び、夜は眠り、やがて子を産み育てました。いつまでも帰って来ない神様を仲間の神様が呼びに来ました。「いつまでそんな所で遊んでいるのですか?天では貴方がいないので困っています」すると雌豚の神様は、「今は忙しいのだよ。この子豚たちに乳をやらなければならないのだからまだ帰る訳には行かない」それから長い年月の間、雌豚は子育てを続けました。神様はもう自分が始めからずっと雌豚で、天に住んでいたことを忘れてしまいました。迎えの声もたまに聞こえるような事もありましたが、それも直ぐに忘れてしまいました。ですから、ちっとも天に帰りませんでした。

天の神様たちは呆れて、今度こそはと、とても大勢で迎えに来ましたので、豚の神様もおおそうか!とやっと気づいて、雌豚の身体から離れて天に帰りました。「いやあ豚の生活も楽しかったのなあ」と言いながら。

 

 

 

 

 

❾ うかうかと過ごす日々

f:id:mickeymichiko:20130521113753j:plain

 

⒐ うかうか過ごす

 

うっかりと過ごすと日常に追われてしまっています。あっちのものをこっちに、あれをしてこれをしてetc.etc.

では日常の何がいけないと言うのか?

生きて生活しているのだから、そうするしか仕方ないではないから! と、そう思うよね。

しかしそれでは、道程は長くなってしまう。私は道を急ぎたい!もう随分前から、この世界に飽き飽きしているもの。

だから、日常生活をするにしても、しないにしても、それに飲み込まれないことが大事なのです!

飲み込まれるとは、これまでどうり、古い信念体系に基き判断して、エゴの満足の為に行動するという事なのですが、人類は長いことこの繰り返しと思います。そして出来上がっているのが、今のこの世界で、そう上等とは思えません。(オヤ 、ソノ世界二私ガイルトイウコトハ?)

 

そこで必要なのは、目覚めたもう一つの視点です!

通い慣れた道である古い信念に基づく思考をしている自分に気付くもう一つの視点!

そして気付いたら、その古い信念を捨てて、存在の本質の自由と愛と永遠に基づく新しい信念を育てる。思考をシフトして本当に望む現実を想像して創造する。

「OK 良く分かったよ。勿論そうするけど、今日はまず、遣らなければならない用事が有ってね、それから仕事も忙しいから、ひと段落したらね。そしたら必ずそうするね」なんて。

日々の暮らしの中で、しなければ為らない事は多いよね。暇になったらね。決して暇には成らないかも知れない。実際本当は、暇とは関係無いのです!

しかも、新しき信念を育てられたら、日常だってもっと効率が良いのです。

苦労し努力続けても上手く行かない人と、何だか運に恵まれて物事がいつもトントン拍子の人の人生は何が違うのでしょう?

天の神様の気まぐれでも、前世のご褒美や罰でも無い筈です。

実は自分の、心の奥の奥で密かに信じている事が実現化しているだけだとしたらどうしましょう? 実際そうなのです。だからその部分で、自分には不可能と知っていたら(信じていたら)努力していても信じている通りになってしまう。

だから、日常生活にあっても、自分の信念体系が、心の奥の奥のプログラミングがどうなっているのかを調べ尽くす事は重要です。又其れは、長い瞑想しても出来るわけでは無く、日常生活にあって初めて気付けるのだと思います。むしろ、日常生活でしか気付く事が出来ないかも知れません。

しかし、うっかり過ごしてはいけない!

しかし、私はここのところ、うかうかと無為に過ごしてしまった為に、古き信念が好き放題暴れて、酷いものです!私の中につまら無い思考が根を張っています。

 

不足感、孤立感、無力感 それが故の不安感は、今も通い慣れた思考の大道なので、うかうかすると、いつの間にかその道に入ってしまいます。そして不安に成ると、エゴが喜んで騒ぎます。こうすべきだ!ああすべきだ!でないと危ない!忙しいぞ!と。

自分の本質に立ち帰る事がなければ、人生は厄介なことに成ってしまいます。もう十分厄介でしたがね(笑)

 

すべては豊かに満ち満ちて、我々は愛の最中にある愛の存在、自由と喜び永遠の存在

愛しています!

 

 

 

⒏ 妨げるものー不信感

f:id:mickeymichiko:20130521114142j:plain

 

 

 

世界は安全では無い! と大抵の人が思っている。誰彼不用意に信用してはいけないと、子供も教えられる。

知らない人には、まず用心が要るかもしれない。

 

だから、日常生活で人は、多分に沢山の「内緒」に満ちて暮らしている。

特別に隠さないまでも、「私の心の中を何時でも覗いていいですよ」と言える人がどれだけいるだろうか?

「独自の気持ち、感覚」があってそれを「内緒」にしているのが個性なのだろうか?

 

では一体、何故、隠さなければならないのか? 理由は一杯ありそうな。

思いつくことを上げてみようかな。

① 危険だからー個人情報等誰にでも知られたらとても危険。悪い人が害を与えるかもしれない。

② 自分をより良く見せたい。より良く見せて、感心されたり、好かれたい。だからカッコ悪いところは隠したいのだ。恥ずかしいものは絶対に隠したい。③ 少しズルしたいから。手抜きしたり、ほんの少し何かを内緒で頂いたりしたい。

④ 自分が有利になる為に、状況を操作したい。だから心の中で計算をしているー勿論、絶対に内緒です。

⑤ 心配を掛けない為に内緒にすることもある。

  サプライズで喜ばせたいから内緒の時もある。

⑥ 新しい計画、アイデア、考えを邪魔されたくないから内緒の時もある。

⑦ 悪い動機で人を陥れようとして、内緒と言うより、嘘を吐いたり、騙したりする。

⑧ 自分を守るために、独自の自分をを守る為に、誰かに土足で心の中を歩き回られたくはないから。孤独を楽しみたい。

⑨ 気分を害している事を知られたくない。相手に対して、嫌だ、嫌いだ、イライラするなどの気持ちを出すわけにいかないから。    etc.

 

「内緒」と思った時、何が起きているのか?

人には知られたくないと思った時、「分離」が強まっているのではないか?

不信が強まり、信頼は弱まっているのではないか?

自分の心を、他者に隠したいと感じているなら、テレパシーが通じないのは当たり前です。

心が「これは内緒ね」とつぶやいた時、ドンドン分離して、そこに、内緒への罪悪感も密かに生まれたりして、ますます分離、孤立して行くのかも知れない。

この相手は、自分に良い何かを与えてくれるのか、又は、害を与えるのかどちらだろう?と用心して見極めなければならないとは!

 

もしも、常に他者とは、認め合い、褒め合う、共感し合い、分かち合い、助け合い、優しくし合い、互いのアイデアと表現に驚きあい、発見し合い、そして何よりユーモアを持って笑い合う関係であったなら、そうなら、きっと「内緒」は要らないだろうね。サプライズパーティー以外は。

 

とりわけ、認め合い、褒め合い、微笑み合う様に私もっと努力しよう!!

素晴らしいところを見つけて誉めようよ!

言葉や態度に表そうよ!

「わかるよ!わかるよ!」と言ってあげよう!

すると人は随分幸せになる。

問題は早期に解決する。

だって分かって貰えるだけで良いのだもの!

 

 

⒎ 妨げるものー不足と罪悪感

f:id:mickeymichiko:20130325233152j:plain

 

⒎   不足と言う信念

理想の星、ミキスマリン星を空想した晩は仕事にも拘わらず、世にも幸せな晩に成った!

わくわくして、安心して、満たされて一晩を過ごし、朝もまだ愛に溢れていた!

これだけで良かったのだ!こんなに簡単だった!

なぜもっと早くこうしなかったのだろう!

この素晴らしい〈想像=創造〉を妨げてしまう内なる概念は何だろう?一つ一つ調べてみよう。

きっと、この辛い世界が長過ぎて、その概念が邪魔して、想像力失われてしまったのだ。不可能な世界だけを信じ、そこに閉じ込められて出られないと信じてしまったのだ!

① 最初に表われた妨げは、(不足しているー足りない)という思い。

「私が必要な物、欲しいものを全部貰える筈がない。そんな欲張りな、そんなことしたら他に悪い、みんなで分けなければー程々にね。」

驚いたことに、不足している、宇宙には私が欲しいものが不足していると私は思っている!

そして欲しいものの一番は《愛》です。私はそれをどの位望んでいるのだろう?どの位欲しいのだろう?

「溢れる程に、浴びる程に、幾らでも沢山、果てし無く欲しい!!」

ミキスマリン星は、欲しいものは好きなだけ受け取れるよ〜

《愛》を頭からシャワーの様に浴びるが良い!お前のハートに注ぎ込もう!オヤ、まるで穴でも空いてるみたいに吸い込むね。愛に飢えてカラカラだったのだねえ、可哀想に。何故 遠慮なんてするの?誰も困らないよ、君がどれ程《愛》を吸い込んでも!無尽蔵に在るのだからね!

独り占めじゃ無いよ。他の皆も好きなだけ受け取っているよ。

(足りない)とは奇妙な思いつきだね。地球では(足りない)という独特な表現が流行っているらしい。(足りない)って楽しい創造なの???

他に欲しいものはナニ?

豊かな美味しい食べ物、素敵な宮殿、広い美しい庭、素晴らしい衣服、

それから、お金をタップリー何でも出来るからねお金が有れば、旅行も買い物も、娯楽も、人も雇えるし…

それら全部望んだら、人でなしでしょうか? 強欲でしょうか?

皆にも行き渡りますか?足りますか?

②  次にやって来た妨げはー罪悪感でした。

「私はそれ等を受け取る価値ある存在でしょうか?

代償に何を払いましょう?罰として病気ですか?事故ですか?親族の不幸ですか?」

それ等を、受け取る程に(私に価値が無い!私は無価値で罪深い)と言う思い!

この自分は無価値で罪深いと言う思いは、一体どこからやって来たのだろう?親や社会の規範を100%守れ無かったからなのか?密かに嘘を吐いたり、ズルをしたから自分が許せないからなのか? それとも、もっともっと深い訳が有るのか?

「神よ! 私がどれ程罪深くても、お願いです!全部許して下さ〜い!無条件で、ぜ〜んぶ、ぜ〜んぶ許して下さ〜い!それから私を抱きしめて優しい愛を沢山下さ〜い!神よ!私にも誰にだって、罪なんて有りません!ただ、怖かったのです。神よ!あなたを愛しています!」

 

⒍ 世界と私の関係

f:id:mickeymichiko:20130323174408j:plain

つまり、

❶ 私に見えている現実、事象の全ては、私が創り出している。

      故に、現実化されているものの全ては、私に責任が有り、その変容も私だけが出来る。「私」のillusoinは、人生、世界、宇宙を創って、そこに住んでいると信じている。「私」の心 mind が信じているものに基づき、 無意識的にイメージしそれが幻影と なり、同様に 創り出されている「私」によって現実として知覚され、それに反応して、更なる幻影を創り続けている。

   故に、 現実化されているillusionの全ては、「私」に責任が有り、その変容も「私」だけに出来る。

❷ 私を中心に他者が私の周りの円周上に居ると感じているが、他者の各々は、やはりその者自 身が中心に居て、私はその者にとっては円周上の一人となっている。幾つものそう言った球が中心と外周で交わり、塊を創っているだろう。

その塊は一緒に振動しているのだから、私が接触する他者は、周波数の近いーつまり成長度の近い者という事になる。私の周波数に同調している他者だけが交流しているのだから。

  ( どんなに嫌い、批判しても私の心の在り様と同じであり、それは他者に投影している私自身の姿!)

   ❸ 実は、個は存在しない。個は illusion であり、その知覚もillusion,現実世界も illusion。           個のillusionは、各々、自分の世界、外界を創ってそこに住んで居ると信じている。       個のillusionは個にとっての現実世界(宇宙、地球、社会、家族、出来事等)をその知覚五感で感        じて反応し、更なるillusionを創り続けている。

       その始まり、  何を信じて 個=分離 の幻影を持つに至ったのか?

        何故、「恐れ」が、始まったのか?

❹   自分を許せ!

ー日々、毎時、毎秒に、  赦せ!赦せ!赦せ!!ー

    他者と偶発的事象の全てを赦せ!

    即座に、無条件で、完全に赦せ!

    他者も事象も全ては、私自身の心が外界に映し出している幻影なのだ!

    幻影は自分自身の姿、 自分の信念体系を解放しているのだ!

誤った信念体系を手放し、自由に成り周波数を上げるチャンスを無駄にしてはいけない。不安と言うエゴを密かに喜ばせてはならない!

    許し難いもの程 赦せ!!!

 ー 祈りー

   神をいつもいつも思っていられますように!

 神、精霊への思いで全時間満が満たされます様に!!

自分のillusionに巻き込まれてしまわぬ様、pureで居られますように!

恐れで無く、愛からだけ行動できます様に!

切に祈ります!        神よ、愛しています!

 

⒌ 望む世界を創造する✨ミキスマリン星

f:id:mickeymichiko:20130323163529j:plain

この世界が私の無意識の信念体形による創造なら、意識して理想の世界を思い描いて見ようよ!  私が住みたい、理想の世界だ!

 

何よりも先ず、誰もエナジーを取り合う必要がない!

エナジーは満ち溢れている。何時でも必要なだけ補給出来る。誰かから奪う必要はなく、捕食など必要ない。

存在する生き物は、植物も動物も虫も皆空気中から酸素を吸うように、或いは光に当ってエナジーを補給出来る。

衣食住の心配も要らない。

どんな気温でも、風でも、雨や氷雪、水の中でも土の中でも、生きられるの。

だから誰も他者を食べたり襲ったりする必要が全く無い!

他者は怖い相手では無く、全て、コミニュケーションを愉しむ相手。

何故なら、此処で分離意味は、個性を際立たせて楽しむ為なのだから。

共感し合ったり、違いを面白がったり、共鳴して喜びに震えたりする為に分離している。

それぞれは、思った物を直ぐに創り出せるし、行きたい所にゆっくりでも瞬時にでも移動出来る。思い付いた冒険は何でも試せる。肉体を使いたければ、少し機能を制限して、感覚を今の地球人位に五感も絞って遊んでみる。食べる愉しみだってok です。不自由さを体験して自由の素晴らしさを味わえるかも。

地球と会話して石や風、水とだって会話する。勿論、死や病気は無くて、好きなだけ生きれる。

ハプニング、事故は起こしても大丈夫、元に戻しても、そこから発展しても良い。

恋愛や友人、家族子育ても好きなだけ、三角関係は有るかもね(笑)

この世界には、不安と怖れは存在しない!罪も無い!

誰かの大事な物を、やんちゃな誰かが壊してしまったら、そこで新しい遊びが始まるだけ!

何しろここでは、喜びと笑い、発見と驚き、違いと共感、優しさと助け合い、そんなものばかりだけなのだから!

 

あー!なんて良いのだろう!!

今のこの世界とは大違いだー!

ここは不安が世界を支配しているもの。

生きて行く為に努力して衣食住を確保しなければならず、安全を凡ゆる点から注意深く守らねばならないとは!

だから、皆ドキドキして身を縮めて生きているのだ。なんて酷い!!

 

私は何という酷い世界を創り出していたのだろう!

 

④ スーパー・バーチャル・リアリティ

f:id:mickeymichiko:20130224080004j:plain

子供の頃、私は天に向かって神とやらに悪態をついていた。「神様!私は貴方がいることは、分かる。だって、この自然はすごーく素晴らしくできているもの。でも、あなたは何で世の中をこんな風に創ったの?世の中はメチャクチャでとても酷いよ。ちっとも平等じゃ無い!弱い者がいて強い者がいる、綺麗な人がいて、醜い人がいる、凄くカッコ良い人もいれば、生まれつき身体が曲がっていたり、病気の人もいる。お金持ちの家に生まれる子と貧乏な家に生まれる子、頭の良い人と悪い人、弱い者と強い者、そして弱いと負けて死んじゃったりする。小さい魚は大きい魚に食べられてしまうじゃない。何かをやっつけて食べないとならない。魚や肉、野菜みんな生きている物をたべる。そして人間は働かないと生きていけな。お米買ったり洋服買ったりする為にずっと働かないとならない、特別な人以外は、特別な人? そして、人間の歴史は戦争ばっかり!正義って言ったって、悪者がいるから正義になる。そして悪者が何処にでもいる!イヤ、悪者はいつも相手側で、自分側は正義と思っているのかも知れない。とまれ、そうして最後は、病気になったり、事故に遭ったりして死んでしまう。勝手に生まれさせられて、勝手に死なされてしまう。台風や雷、地震だっていつ来るか分からない。

神様は神様だから、全智全能、何でも出来る訳でしょ、なんでもっと良い世の中を創らなかったのか!!

私は、本当に本当に、腹が立つ!何故こんな風なのか、私に説明して欲しい!

それから星は見えるのに遠くて、私の寿命じゃ絶対行けない、でも私は星に行って見たい!それから、永遠という言葉、これだって私は決して体験できないのに、こんな言葉があるとはどういうことなのだ?まるで、絶対貰えないオモチャを見せびらかされているみたいに、あなたは凄く意地が悪いのか!本当に腹が立つ!

私は疑問を持ってしまったのだから、解る様に説明すべきと思う!説明しないならば、私を疑問など持たない様に創れば良かったのだ!」と。

 私は本当に怒っていた。世の中がこんななら、生きるとは何か?生きる価値など有るのか? 何故生まれたのか? そしてー私とはなにか????????

 

この原初の答えが、私の神秘体験であった。それは全く驚く程の答えであった!

だからもう、怒ってはいない。

 

そして最近、やっと、やっと、気付いた。気付いて愕然とした!

この、ショウモナイ世の中を創ったのは、他でもない、この私自身 なのだと!

私の見ているこの世界は、私の信念体系に基ずいて出来上がっているのだと!

腹を立てるべき相手は、神ではなく、この自分であった!

私の内奥でしっかり信じている概念世界が、見える形で私自身に見えている、まるで他者の様に!

私は、誰かが、創った宇宙世界に勝手に置かれた訳では無かった!

私のプログラミングした私自身の脳が創った、スーパー・バーチャル・リアリティに自分が存在して居る、と思い込んでいるのだ。 頭がクラクラする。